お葬式の受付の仕方について

訃報を受けてお葬式に参列する場合には、なるべく早めに会場に到着するようにするのがマナーです。
お葬式に遅刻してしまうのは、たいへん失礼なことにあたります。
最低でも開始時間の10分前までには会場に到着し、受付を済ませておく必要があります。
お葬式が始まってしまえば、受付係をやっていた人も式に参列することになります。
でも、開始時間ギリギリに受付をする人がいると、受付係の人が時間通りに参列することができなくなってしまいます。
受付では、まずお悔やみの言葉を述べてから、香典袋を両手で差し出します。
その際、表書きの表記が相手から読めるような向きにして差し出すのがマナーです。
その後、芳名帳に住所と氏名を記入し、一礼してその場を離れるという流れになります。

Copyright©葬式 マナー All Rights Reserved.

葬式 マナー