お葬式に供花を出す場合には

故人の霊を慰めるために、祭壇の周りに供花や供物をお供えするケースが多いです。
供花や供物が何もないと、とても寂しい雰囲気のお葬式になってしまう可能性があるため、好かれと思って豪華な供花を注文する人が少なくありません。
しかし、宗教や地域などによって供花や供物に関するマナーにも違いがありますので、注意する必要があります。
また、最近はシンプルなお葬式を希望する人の数が多くなっていますので、供花や供物が喜ばれないケースもあります。
ですので、贈りたいと考えている場合には、まずご遺族の意向を確認してみることが必要です。
仏式や神式のお葬式の場合には、あまり花色の制限を受けません。
ただし、キリスト教式の葬儀では白い花以外用いられないことになっていますので、注意が必要です。

Copyright©葬式 マナー All Rights Reserved.

葬式 マナー