お通夜に伺った際のマナーについて

仕事などの都合で、告別式には参列することができず、お通夜のみお伺いするというケースがあります。
たとえお通夜のみの参列ということになってしまったとしても、お葬式のマナーに反するようなことはありません。
ただし、あまり遅い時間にお訪ねするとご遺族に迷惑をかけてしまうことになりますので、なるべく早い時間帯にお伺いするようにするのがマナーです。
また、仏式のお通夜では通夜ぶるまいがなされるのが一般的ですが、ご遺族から通夜ぶるまいを促された場合には、お受けするのがマナーです。
長居してドンちゃん騒ぎするようなことがあってはいただけませんが、通夜ぶるまいをお受けすることが故人の供養に繋がりますので、時間がなくても箸を付けて帰るようにするのが望ましいです。

格安結婚式で費用を浮かせませんか?
平均的な結婚予算の約半分に収めることが可能です

小規模なお葬式
最もシンプルで心温まるお見送り。

和装
都内有数の品揃え。特別なときに是非…

和婚
総合プロディース。二人の門出を完全サポート!

鶴岡八幡宮 結婚式
境内中心にある『舞殿』か『社殿』で執り行うことが出来ます。

関連MENU

最新情報

お葬式に参列した際のマナーについて

お葬式というのは、故人の冥福を祈るために行われる宗教的な儀式です。
故人を亡くされたご遺族の方

お葬式の受付の仕方について

訃報を受けてお葬式に参列する場合には、なるべく早めに会場に到着するようにするのがマナーです。

お葬式に供花を出す場合には

故人の霊を慰めるために、祭壇の周りに供花や供物をお供えするケースが多いです。
供花や供物が何も

神式のお葬式でのマナーについて

仏式やキリスト教のお葬式なら参列した経験があるけれど、神式のお葬式に参列した経験は一度もないという人

Copyright©葬式 マナー All Rights Reserved.

葬式 マナー